LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

プロロジス/総投資額430億円、愛知県東海市に2棟のマルチ型施設

2022年09月12日/物流施設

プロロジスは9月12日、愛知県東海市で進められている「東海太田川駅西土地区画整理事業」の区域内のマルチテナント型物流施設「プロロジスパーク東海1」と「プロロジスパーク東海2」の計画について、土地区画整理事業の施行者である東海太田川駅西土地区画整理組合と、進出に関する確認書を締結したと発表した。

プロロジスは2020年2月に同事業において、土地区画整理組合、東海市、業務代行者と共にまちづくりを進めていく事業提案企業に選定されている。

<「プロロジスパーク東海1(右)」と「プロロジスパーク東海2(左)」(完成予想図)>
20220912purorojis1 520x272 - プロロジス/総投資額430億円、愛知県東海市に2棟のマルチ型施設

「プロロジスパーク東海1」、「プロロジスパーク東海2」の開発地は、愛知県東海市の中核駅である名鉄常滑線「太田川駅」の玄関口に位置する、約34.4haの区域を整備する「東海太田川駅西土地区画整理事業」内の産業物流地区内にある。

同土地区画整理事業の施行区域は、伊勢湾岸自動車道・名古屋高速4号東海線が接続する「東海JCT」から4.3㎞の地点に立地している。開発区域西側の「西知多産業道路」は、名古屋中心部と中部国際空港をつなぐ地域高規格幹線道路で、2027年の全線開通に向け整備事業が進行している。今回の土地区画整理事業の施行に合わせて、土地区画整理事業区域に隣接する位置に西知多産業道路の新たなインターチェンジ(仮称「大田IC」)の開設が予定されている。なお、西知多産業道路の「加家IC」(既存)からも1.8km、約4分の立地。

名古屋市中心部から15㎞、名古屋高速を利用して約30分で到達可能で、伊勢湾岸道路から新東名高速道・新名神高速道を利用することで、東西への広域配送も可能な物流好適地。西知多産業道路の全線開通時には、中部国際空港へ約20分で到達可能となる見込み。

<「プロロジスパーク東海」に隣接する賑わい施設のイメージ>
20220912purorojis2 520x272 - プロロジス/総投資額430億円、愛知県東海市に2棟のマルチ型施設

「プロロジスパーク東海1」は、7万2800m2の敷地に5階建て、延床面積15万4600m2のマルチテナント型物流施設として開発する計画。1フロア最大6446.24m2、ダブルランプウェイにより、敷地内は一方通行でスムーズな車両動線を確保。大型車両が各階にアクセスでき、小区画分割にも対応可能な施設計画だ。

隣接する「プロロジスパーク東海2」は、2万9300m2の敷地に4階建て、延床面積6万3700m2のマルチテナント型物流施設として開発する計画。1階および3階にトラックバースを設け、スロープで大型車両が3階にアクセス可能な設計とする。また、カスタマーの要望により特殊仕様に対応したBTS施設としての開発も可能な計画とする予定。

両施設とも入居企業の事業継続性や地域の防災性向上にも配慮し、同社の最新鋭のマルチテナント型物流施設の仕様に基づいた防災設備や、働く人々が便利で快適に就業できる環境を整える計画だ。

さらに、土地区画整理組合、東海市、他の事業提案企業等と共に地域の課題解決に寄与するまちづくりに取り組んでおり、賑わいを生み出す施設の整備や近隣住民の憩いの場所となる公園など、両施設の敷地内に新たな機能や仕組みの導入を検討している。

プロロジスは中部地方で、これまでに5棟の物流施設を開発し、現在、愛知県内でマルチテナント型物流施設「プロロジスパーク北名古屋」、「プロロジスパーク春日井」を運営中だ。同社は、今後も顧客のニーズに応えるべく、物流施設の開発・運営を進めていくとしている。

■計画概要
名称:プロロジスパーク東海1
開発地:愛知県東海市「東海太田川駅西土地区画整理事業」区域内
敷地面積:7万2800m2(2万2000坪)
延床面積:15万4600m2(4万6700坪)
階数:地上5階建
着工予定:2024年春
竣工予定:2025年冬

名称:プロロジスパーク東海2
開発地:愛知県東海市「東海太田川駅西土地区画整理事業」区域内
敷地面積:2万9300m2(8800坪)
延床面積:6万3700m2(1万9200坪)
階数:地上4階建
着工予定:2025年春
竣工予定:2026年夏
※2棟の総投資額は430億円

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース