LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ソフトバンク/物流自動化事業に参入、千葉にロボット体験施設

2022年09月12日/IT・機器

PR記事

ソフトバンクロボティクスは9月12日、ESR市川ディストリビューションセンター(千葉県市川市)内で同13日に開設する物流自動化ソリューションの体験施設「SoftBank Robotics Logistics Innovation Lab」を公開した。

<ESR市川DC>
20220912sbr 520x284 - ソフトバンク/物流自動化事業に参入、千葉にロボット体験施設

<SoftBank Robotics Logistics Innovation Lab内観>
20220912sbr1 520x351 - ソフトバンク/物流自動化事業に参入、千葉にロボット体験施設

20220912sbr2 520x347 - ソフトバンク/物流自動化事業に参入、千葉にロボット体験施設

同社は「世界の技術で 物流を最適に」をコンセプトとし、顧客の課題や要望に応じた世界の先端技術を活用した自動化ソリューションを提案する新規事業として物流自動化事業を開始した。

同事業では、ソフトバンクグループで全体の4割の株式を取得しているオートストア社の高密度自動倉庫システム「AutoStore」を核として、同システムに連携するさまざまなソリューションを組み合わせて提供するなど、倉庫内オペレーションの全体最適化を実現する。

<AutoStore>
20220912sbr3 520x347 - ソフトバンク/物流自動化事業に参入、千葉にロボット体験施設

<東芝テックのRFIDトンネル式ゲート>
20220912sbr4 520x347 - ソフトバンク/物流自動化事業に参入、千葉にロボット体験施設

<次世代型ロボットソーター「t-Sort」>
20220912sbr5 520x249 - ソフトバンク/物流自動化事業に参入、千葉にロボット体験施設

<シャッターアソートシステム「SAS」>
20220912sbr6 520x347 - ソフトバンク/物流自動化事業に参入、千葉にロボット体験施設

<日本初導入のスマートグラス「Picavi」>
20220912sbr7 520x347 - ソフトバンク/物流自動化事業に参入、千葉にロボット体験施設

<パレタイジング・デパレタイジングロボット「XYZ Robotics」>
20220912sbr8 520x347 - ソフトバンク/物流自動化事業に参入、千葉にロボット体験施設

「SoftBank Robotics Logistics Innovation Lab」は、同事業の開始に伴い、物流倉庫の自動化を検討中の法人顧客に対して、各種ソリューションを体験してもらうために開設した拠点で、AutoStoreエリアとショールームエリアの2つのエリアで構成されている。

AutoStoreエリアには、AutoStoreのほか、同システムと連携可能なソリューションとして、入荷検品・棚卸・出荷検品工程の自動化をアシストする東芝テックのRFIDソリューションや、プラスオートメーションが提供する次世代型ロボットソーター「t-Sort」、アイオイ・システムのシャッターアソートシステム「SAS」のほか、デジタル情報でピッキング業務をサポートする独Picavi社製スマートグラス「Picavi(ピカビ)」(日本初導入)、中国XYZ Robotics社製のパレタイジング・デパレタイジングロボット「XYZ Robotics」(日本初の販売連携)が展示してあり、実際にロボットが稼働する様子を見学できる。

<ショールームエリア>
20220912sbr9 520x347 - ソフトバンク/物流自動化事業に参入、千葉にロボット体験施設

一方、ショールームエリアには、物流センター内外の自動化・効率化ソリューションや、ソフトバンクグループ各社の物流関連ソリューションのパネルや実機が展示してある。展示企業は今後も適宜追加する予定で、展示を希望する企業からの問い合わせも受け付けている。

<ソフトバンクロボティクスのヒト型ロボット(上)清掃ロボット(中)と、配膳・運搬ロボット(下)>
20220912sbr10 520x693 - ソフトバンク/物流自動化事業に参入、千葉にロボット体験施設

20220912sbr11 520x347 - ソフトバンク/物流自動化事業に参入、千葉にロボット体験施設

20220912sbr12 520x347 - ソフトバンク/物流自動化事業に参入、千葉にロボット体験施設

ソフトバンクロボティクスは、世界12か所に拠点を構え、70か国以上に3万5000台のロボットを提供しており、業務用屋内サービスロボットの売上で世界1位となっている。

富士経済の調査によると、日本の次世代物流システム・サービス市場は2021年時点で6282億円、2028年には9627億円(年平均成長率8.9%)まで成長するとも予測されていることから、同社の世界ネットワークとロボット導入実績を生かし、物流自動化事業をヒト型ロボット、清掃ロボット、配膳・運搬ロボットを超える収益の柱に成長させる考えだ。

<坂田 大 常務執行役員 兼 CPO ロジスティクス事業本部 本部長>
20220912sbr13 520x347 - ソフトバンク/物流自動化事業に参入、千葉にロボット体験施設

物流自動化事業について、ソフトバンクロボティクスの坂田 大 常務執行役員 兼 CPO ロジスティクス事業本部 本部長は、「物流業界では、EC市場の拡大による物流への負荷の増大、エネルギー価格の高騰によるコスト増、そして2024年問題と、課題が山積しており、自動化待ったなしの状態だ。物流自動化事業では、ソフトバンクグループがこれまで培ってきた物流業界のノウハウと、AI、ロボット技術の知見、世界中のパートナーの技術とを結集し、さまざまな事業背景や課題を抱える物流業の顧客に唯一無二の最適化ソリューションを提案していく」とコメントした。

■「SoftBank Robotics Logistics Innovation Lab」概要
所在地:千葉県市川市二俣678-55(ESR市川DC内)
延床面積:1000m2
開設:9月13日(来場には予約が必要)

【展示パートナー企業】
アイオイ・システム、アスタリスク、アルテック、サイエンスアーツ、souco、東芝テック、トーシン物流機器、日本スキャンディット合同会社、日本製紙ユニテック、Hacobu、プラスオートメーション、MagicalMove、Mee Truck、ラピュタロボティクス、Ranpak(ランパック)、YEデジタル、AutoStore Holdings、Picavi、XYZ Robotics

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース