LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

VECTRIX JAPAN/米国のEVメーカー国内初の直営店をオープン

2022年09月21日/IT・機器

VECTRIX(ベクトリクス) JAPANは9月21日、国内初のメーカー直営店「VECTRIX Tokyo Ginza Gallery」を開設、10月3日から営業開始すると発表した。

<直営店の店舗外観イメージ>
20220921vectrix1 520x336 - VECTRIX JAPAN/米国のEVメーカー国内初の直営店をオープン

同社は、フルラインナップをEVとするメーカー・VECTRIXの日本国内での輸入元総代理店として、2022年4月1日に設立。2輪・3輪・4輪の「スモールモビリティ・カテゴリー」へのEV製品の提供と、国内部品センターの運営を行っている。このほどオープンする直営店は、東南アジアを中心とした今後の展開の旗艦店となる。

<新開発の小型商用BEV「I-Cargo」>
20220921vectrix2 520x385 - VECTRIX JAPAN/米国のEVメーカー国内初の直営店をオープン

<開発中のモックアップモデル>
20220921vectrix3 520x368 - VECTRIX JAPAN/米国のEVメーカー国内初の直営店をオープン

VECTRIXは、1996年米国ロードアイランド州で誕生した電動バイクのパイオニア。早くから2輪カテゴリーのゼロ・エミッション推進を牽引し、クラス最高峰の構成のEVスクーターを製造してきたトップブランドだ。

普通自動車免許で運転できる「I-Cargo」は、車のように傾かない安定設計が特徴。「バイクでもない、クルマでもない、互いのメリットを融合させた全く新しいカテゴリー」のEVとして開発された。開発中のモックアップモデルは、脱着可能な「交換式バッテリー」を採用し、現在、物流業界で大きな問題となっているラストワンマイル配送の課題解決にも貢献すると期待される。

VECTRIXは今年、本社機能を“アジアのビジネス・ハブ”と呼ばれるシンガポールに移すことで経営資源を集約。東南アジアを中心としたマーケット展開を加速する。その推進力となるのが 、新たに開発した画期的な小型商用BEV「I-Cargo」であり、直営店の「VECTRIX Tokyo Ginza Gallery」では、同車のプロトタイプを展示する予定。

■VECTRIX Tokyo Ginza Gallery プレオープン
日時:10月3日 10時〜18時
住所:東京都港区新橋1-5-2
TEL:03-6264-5995
FAX:03-6264-5996

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース