LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

アサヒロジスティクス/オリジナルキャラクターをリニューアル

2022年10月31日/3PL・物流企業

アサヒロジスティクスは10月31日、オリジナルキャラクター「アサビィ」を10月1日よりリニューアルしたと発表した。

変更は、 2022年4月に発表したロゴ・シンボルマークのリニューアルにともなうもので、旧ロゴマークが描かれていたキャップのデザインを新たにしたもの。BtoBをメインとする同社のような物流企業は、なかなか一般消費者に知られる機会は少ない。同社では、オリジナルキャラクターを活用して様々なPRを行うことで、物流業界のイメージアップを図り、物流業界をより身近に感じてもらえるように取り組んでいる。

同社は1945年の創業以来、関東を中心に事業を展開してきた。近年では、東日本全域をカバーしつつ、関西・中部にも拠点展開を進め、少しずつ事業の幅を広げている。これまでグループ各社がそれぞれのロゴマークを使用していたが、今後同社の認知度が低い地域への拠点展開や、これまでにはない新たな分野へのチャレンジを行うことを想定した際、「これがアサヒロジスティクスグループだ」と誰もが認識できる、共通のシンボルマークと新たなロゴマークの作成が必要と考えたもの。

<オリガミカラー>
20221031asahilogistec1 - アサヒロジスティクス/オリジナルキャラクターをリニューアル

<新アサビィと変更のないももビィ>
20221031asahilpogistic 520x304 - アサヒロジスティクス/オリジナルキャラクターをリニューアル

新シンボルマークは、1990年よりトラックのカラーリングに使用していた「オリガミカラー」をいかしたデザインとしている。

物流業界のイメージアップを目指して生まれた「オリガミカラー」は、1.食品物流にふさわしく、清潔感のある白色を基調とする。2.女性や子どもが見て、愛着を感じてもらえるカラーリング、の2つのデザインコンセプトで作成。当時からの想いを受け継ぎ、食べる人の顔をひとりひとり思い浮かべ、丁寧に心を込めて食品を運ぶ、というイメージを「ASAHI」の文字に落とし込んだ。

同社の経営理念である「日本の食生活を支える物流インフラ企業として」、日本中の子どもの健やかな成長、そして豊かな社会となる為に貢献したい。 働いていただいている全ての社員・家族から親しまれる憧れの会社にしたい。物流を通して「幸せ」と「笑顔」を届け「スマイルリンク」を未来永劫継続していきたい。という考えで、世界一幸せな動物、幸せを運ぶ動物という愛称をもつ「クアッカ・ワラビー」をモチーフにオリジナルキャラクターとして「アサビィ」が2016年2月に誕生した。

また、2020年11月にはアサビィの妹の「ももビィ」が誕生。2020年4月に同社の女性サービスドライバー在籍人数が100名を超えたことをきっかけに制作した「ももビィ」は、「物流業界を年齢・性別・経験の有無に関係なく幅広い人材が活躍できる場所に」という想いが込められている。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース