LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

FS JAPAN/配送サービス強化へ、東京都大田区に新倉庫開設

2022年10月31日/物流施設

FS.COMは10月28日、製品などの需要増加が今後見込まれることから、地元の顧客への配送サービスを強化させ、ユーザーエクスペリエンスとローカライゼーションをより高いレベルで引き上げるため、東京都内に新たな倉庫を開設したと発表した。

FS.COMはグローバルデータセンター、企業、通信ネットワークを構築するための高速通信製品とソリューションを提供している。FS JAPANは、2019年12月11日に設立されたFS.COMの日本支社。

<新倉庫を開設>
20221031fcjapan1 520x293 - FS JAPAN/配送サービス強化へ、東京都大田区に新倉庫開設

新倉庫は東京都大田区のJSプログレビル5階。建築面積は580.24m2で、10月28日から本格的な運用を開始した。現在、新倉庫には日本市場で注目されている製品が大量に保管されており、迅速に出荷することが可能となっている。

<ビルの内部図>
20221031fcjapan2 520x325 - FS JAPAN/配送サービス強化へ、東京都大田区に新倉庫開設

「人口と文化的要因、総合的な都市交通計画、都市政策や交通政策などを十分に考慮した結果、倉庫の場所は日本の東京に優先される。空港と港に近いという立地から、物流効率を高め、物流費用とCO2排出の削減を目指して、東京都大田区平和島を選んだ」と同社。さらに、新倉庫は独立した搬入出経路を備えているため、荷物の積み下ろし作業を容易に行うことができ、作業の効率化を実現する。また、同ビルは現地の物流拠点の近くにあることから配送が非常に便利で、購入された在庫商品を即日発送・最短で翌日に配送サービスを顧客に提供することができる。

FS.COMは今後、「テスト検証、ソリューション設計、倉庫・物流、技術サポート、現地設置、アフターサービスなどの能力構築を強化し、デジタル技術革新とコア技術の研究開発に注力。タグ付け、データ化、構造化、およびプロセス化を通じて、データドリブンによるデータ爆発を完全に実現し、デジタル変革プロセスを加速し、ユーザーのよりよいサービス提供を支援することを目指す」としている。

■新倉庫概要
所在地:東京都大田区平和島4-1-23 JSプログレビル5階
建築面積:580.24m2

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース