LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱ふそう/ボディプリント・バスリニューアルで新事業開始

2022年11月21日/IT・機器

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は11月21日、100%子会社でFUSOのバスを製造する三菱ふそうバス製造(MFBM)が新事業として、「ボディプリント事業」および「バスリニューアル事業」をそれぞれ開始したと発表した。

<施工例:ボディプリント事業>
20201118mitubisifuso1 520x390 - 三菱ふそう/ボディプリント・バスリニューアルで新事業開始

20221121mitubisifuso6 520x390 - 三菱ふそう/ボディプリント・バスリニューアルで新事業開始

ボディプリント事業は、MFBMが車両のメーカーを問わず、トラック、バスおよびその他の車両を対象に提供する。同事業の開始にあたり導入したオートボディプリンターが、インクジェットプリンターの原理でボデーに画像データを直接プリントする。凹凸、湾曲のある素材へのダイレクトプリントが可能で、一般的なマーキングフィルムを張り付ける従来のフィルムラッピングと比べ低コストかつ短納期での仕上がりが可能。コストは従来の4~5割の低減、納期はおよそ3分の1の短縮を見込む(MFBMの試算、ともにプリントの面積・内容等によって変動の可能性がある)。

<ボディプリント施工の様子>
20221121mitubisifuso2 520x390 - 三菱ふそう/ボディプリント・バスリニューアルで新事業開始

20221121mitubisifuso3 520x293 - 三菱ふそう/ボディプリント・バスリニューアルで新事業開始

また、特殊溶液を用いることで、何度でも塗り換えが可能。同事業は、従来、職人の手作業で行っていたボディラッピングのフィルム張り付け作業の自動化手段として開始を決定した。

バスリニューアル事業は、バス製造の経験豊かな専門スタッフが、長年愛用されたバスの内外装を、新車のように生まれ変わらせる。ボデーの再塗装、窓ガラスの交換、シート生地張替え、床材張替え、各種機器交換といった様々な要望に応えることが可能だ。なお、同事業については、現在、富山県富山市のMFBMのショールームで、車両の半分のみリニューアルしたデモ車両を展示中。リニューアル前後が比較でき、仕上がりイメージを実物で確認することができる。

<バスリニューアル事業>
20221121mitubisifuso4 520x390 - 三菱ふそう/ボディプリント・バスリニューアルで新事業開始
※車体は紺色の部分がリニューアル後の仕上がり

20221121mitubisifuso5 520x390 - 三菱ふそう/ボディプリント・バスリニューアルで新事業開始
※左半分がリニューアル後の仕上がり

MFBMは、今後も顧客の様々な要望に応えられるよう、新たな挑戦に取り組んでいくとしている。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース