LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三井倉庫/APEC首脳会議で発表された国際貿易PF実証試験に参画

2022年11月21日/CSR

三井倉庫ホールディングスは11月21日、同社グループが、国際会議APEC首脳会議付設の「貿易DXシンポジウム」で発表された日本とタイ間の国際貿易プラットフォームのシステム連携を行う実証試験に参画し、「三井倉庫 SustainaLink」の機能を用いてCO2排出量の算定を実施したと発表した。

「三井倉庫 SustainaLink」は、環境、労働力、災害(BCP)の観点から、物流リスクの見える化や改善を通じて顧客のサステナブルな物流体制の構築を支援するサービス。

実証試験では、トレードワルツと共創し、同社の貿易情報連携プラットフォーム「TradeWaltz」上に記録される、日本とタイ間での発着地や輸送重量の情報等を「三井倉庫 SustainaLink」の算定システムに取り込み、割り出された輸送距離と重量に対してGLEC frameworkに適合した排出係数を用い、トンキロ法で該当する輸送単位ごとにCO2排出量を算定した。

三井倉庫ホールディングスは、「三井倉庫 SustainaLink」が実証実験に採用された理由として、「『三井倉庫 SustainaLink』では、CO2排出原単位を精緻に設定できる国際基準に基づいた算定の仕組みを既に構築しており、その信頼性が評価された」としている。

関連記事

CSRに関する最新ニュース

最新ニュース