LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

RENATUS ROBOTICS/ワンストップ梱包の自動倉庫システム提供

2022年11月24日/IT・機器

RENATUS ROBOTICS Inc.(米国法人)、 RENATUS ROBOTICS(日本法人)は11月24日、 独自の「ワンストップ梱包」による高効率な自動倉庫システム「RENATUS(レナトス)」の提供を開始したと発表した。

<「ワンストップ梱包方式」の概要>
20221124renatus 520x293 - RENATUS ROBOTICS/ワンストップ梱包の自動倉庫システム提供

<RENATUSのPV>

導入設備を大幅に削減した設計による、 イニシャルコストの大幅な削減、ワンストップ梱包方式により、 従業員の人件費が最大で1/3に削減、故障リスクを分散させることで、 倉庫全体のダウンタイムの発生リスクを最小化により、 高効率・低コスト・低リスクな無人倉庫を実現する、としている。

地上を走行する従来のAGVでは、荷物を移動式ラックごと抱えて走ることで作業員の元まで荷物を運搬する。しかし、作業員の元に搬送されたラックから目的の荷物をピッキングする作業においては、荷物をラックから探し出す必要があり、時間のムダが生まれている。加えて、従来の移動式ラックは安全のため高さの制約があり、保管効率が悪いという課題を抱えている。

3次元走行するAGVは、水平方向に加え垂直方向にも走行可能である。AGVはラックを登ることで荷物が入ったコンテナを回収し、作業員の元まで運ぶ。このタイプはラックを高く建設することができ、面積効率に優れる。

しかし、機構が複雑なため、値段が高価である。出荷順に従ってピッキングができないため、GTPの下流に順立てのための装置(バッファ装置)と作業人員を配置する必要がある。バッファ装置が故障・停止すると倉庫全体が停止してしまう。バッファ装置は高価である。コンベア・バッファ装置等の占める面積が倉庫を圧迫する、などコスト面や効率の低さ、故障リスクに課題があり、近年問題視されている。

次世代倉庫「RENATUS」は業界各社からこうした課題解決の要望を受け、世界トップレベルの研究者達によって開発された。

RENATUS(レナトス)は倉庫内に建てられた高さ5~20mのラック内において、ラックに敷設されたレール上を専用シャトル「RENATUS SHUTTLE」が走行することでコンテナを効率的に作業者の元へと運ぶ次世代のGTPである。RENATUSには従来のGTPと異なる点が3つある。

特徴1が「ワンストップ梱包」だ。RENATUSはコンテナ単位で荷物を輸送するため、ピッキング作業は常にコンテナの中身をピックするのみで完結し、荷物を探す・迷うといった時間のロスやミスが発生しない。

加えて、シャトルが作業者へコンテナを供給するタイミングは全てRENATUS CORTEXにコントロールされており、完全に順立てされている。そのため、作業者はコンテナからピックした荷物をそのまま出荷用の段ボールに繰り返し入れてゆくだけでピッキング・集約・梱包の3工程が1度に達成される「ワンストップ梱包」が可能になった。

特徴2が「圧倒的なピッキング速度」。RENATUSは従来の3次元走行型AGVと異なり上下方向へ自走しない。ラック内の各フロアのシャトルが水平2方向の高速移動に特化(4m/s)することで、業界最速の輸送を実現した。

更に、機体およびラックの設計に余計な複雑さが無いため、3次元走行型に比べ故障が起こりづらいだけでなく、価格が非常に安価となった。

加えて、各フロアの外縁部には高速昇降リフトが配置されており、荷物の上下方向への運搬を行う。この昇降リフトの移動速度は従来の3次元走行型AGVを大幅に上回り(4m/s、4m/s2)、庫内搬送を更に高速化している

特徴3が「究極の格納効率」だ。ラック内部を数百~数千台のシャトルが走行すると、従来のアルゴリズムではシャトル同士の衝突が多発してしまう問題がある。衝突しない配車計画を実時間で計算するアルゴリズムはまさに最新の研究分野である。

同社は「RENATUS」の開発を通じて独自の配車最適化アルゴリズムを発明し、実用化した。世界初のこのアルゴリズムによって、シャトルは大規模ラック内部において、最短ルートを衝突なく高速移動する。

RENATUS CORTEXの計算結果はローカル5Gを介して各シャトルに伝達される業界初の方式をとっており、機器間の安定した高速通信を実現している。

独自の配車最適化アルゴリズム、新方式の通信環境によってRENATUSはラックの大規模化を可能としている。加えて、バッファ装置やベルトコンベアなどの設備を削減できるため、面積効率が大幅に向上し、コンテナ100万箱以上を1拠点に高密度保管することが可能となった。

RENATUS ROBOTICSは今後、次世代の自動倉庫システム「RENATUS」の更なる改良を進め、国内外問わず、世界中に効率的なシステムを大規模な物流センターに提供することを目標としている。自動倉庫システムに搭載する独自の経路最適化アルゴリズムをはじめ、開発済みの製品やマテハン機器などとの組み合わせにより、グローバルで顧客の多様なニーズに応えることを可能にする、としている。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース