LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ランドピア/「車検対応型トレーラーハウス」を阪神ロジテム導入

2023年01月19日/IT・機器

PR記事

ランドピアは1月19日、同社が製造・販売する「車検対応型トレーラーハウスSP-120」が、阪神ロジテムの岡山営業所に、営業所および乗務員の休憩施設等として採用・導入されたと発表した。

<阪神ロジテム 岡山営業所に導入された「車検対応型トレーラーハウスSP-120」>
20230119landpia1 520x319 - ランドピア/「車検対応型トレーラーハウス」を阪神ロジテム導入

ランドピアの「車検対応型トレーラーハウス」が阪神ロジテムに採用・導入されたのは今回が初となる。

「車検対応型トレーラーハウス」は、車検を取得した法律上の自動車で、いつでも移動できるよう、工具を使用せずにライフライン(電気、ガス、水道、電話など)設備の着脱ができる状態にしておくことなど、一定の条件を満たす場合には、法律上建築物ではなく、“車両”として取り扱われる。そのため、建築基準法上の建築確認申請が不要で、運送会社をはじめ、住宅展示場や自動車販売店などの各種事務所、イベント設備、店舗など、さまざまな用途に利用されている。

運送会社にとって労働環境や業務効率を考慮すると、営業所を開設する際、車庫(トラック駐車場)と同じ敷地内に事務所があるのが望ましいが、トラック等の車両保管場所としての敷地の広さ、車両の出入り口、道路幅、トラック車両の騒音問題など条件に合う物件となると、建物を建てることができない市街化調整区域であることが多いため、車庫から数キロメートル(km)離れた区域外に営業所を構えざるを得ないのが現状で、業務効率も悪いという実態がある。

しかし、「車検対応型トレーラーハウス」であれば、市街化調整区域でも営業所認可が取得できるため、車庫と同じ敷地内に営業所や休憩施設等を構えることができ、ドライバーの労働環境の改善や経費削減に繋がる。

阪神ロジテム 岡山営業所は、車庫が市街化調整区域にあるため、同じ敷地内に営業所を併設することができず、これまで車庫と営業所が約2km離れていた。そのため、よりスムーズかつ効率的な業務運営ができないものかと悩みを抱えていた。また、従来の事務所や休憩施設は、岡山営業所の従業員数に対してスペースが十分ではなく、従業員同士のコミュニケーション不足についても課題を感じていた。

運送業界の「2024年問題」が業界課題として直面している昨今、阪神ロジテム 岡山営業所では、これらの悩みや課題を解決し、ドライバーの労働環境の整備・改善により一層力を入れていくために、ランドピアの「車検対応型トレーラーハウスSP-120」を導入する運びとなったもの。今回導入されたトレーラーハウスは計2台で、1台を営業所として、もう1台は主に従業員の休憩施設として使用している。

<トレーラハウスSP-120の内部 営業所 内観>
20230119landpia2 520x389 - ランドピア/「車検対応型トレーラーハウス」を阪神ロジテム導入

<休憩施設等 内観>
20230119landpia3 520x389 - ランドピア/「車検対応型トレーラーハウス」を阪神ロジテム導入

ランドピアの「車検対応型トレーラーハウスSP-120」は、同社が開発したISO規格40フィートコンテナを積載できる車検対応の「トレーラーハウスのシャシー構造(特許取得)」を採用することで、全長12mの居室空間を実現しており、他の商品と比較してスペースが広いところが特長。

「車検対応型トレーラーハウスSP-120」の導入により、阪神ロジテム 岡山営業所では、従来の事務所、休憩施設よりも広いスペースを確保することができ、営業所内のコミュニケーションが活性化された。また、車庫・休憩施設・事務所等を拡充併設したことも従業員同士のコミュニケーション活性化に寄与し、これにより業務の効率化や、従業員の労働環境改善にもつながっている。

■「トレーラーハウスSP-120」製品仕様
外形寸法:1万2192mm × 2438mm
延べ床面積:29.72m2
天井高:2240mm

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース