LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





郵船ロジ/アストロスケールの宇宙ごみ除去実証衛星を輸送

2023年10月06日/3PL・物流企業

PR記事

郵船ロジスティクスは10月6日、アストロスケールの商業デブリ除去実証衛星「ADRAS-J」を、ニュージーランドのオークランドまで輸送したと発表した。

アストロスケールは、スペースデブリ(宇宙ごみ、以下、デブリ)の除去を含む軌道上サービスに取り組むアストロスケールホールディングスの子会社で、人工衛星の製造・開発を担っている。国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が大型デブリの除去実現に向けて商業デブリ除去実証(CRD2)プログラムを進めている中、フェーズIのパートナーとして選定され、商業デブリ除去実証衛星 ADRAS-Jを開発した。

<左から、日本地域サプライチェーン・ソリューション本部 畠中 了産業第一部長、同 大鐘雅樹 本部長、ANA Cargo 宮原輝雄 取締役>
20231006yusenlogi1 520x347 - 郵船ロジ/アストロスケールの宇宙ごみ除去実証衛星を輸送

<ADRAS-J 搭載の様子>
20231006yusenlogi2 520x347 - 郵船ロジ/アストロスケールの宇宙ごみ除去実証衛星を輸送

同社は2022年12月にアストロスケールとADRAS-Jに関するマーケティングパートナーシップ契約を締結し、アストロスケールが目指す「人と地球と宇宙を持続可能にする」ためのデブリ除去の活動を応援している。

今回、同社は完成したADRAS-Jを、ANA Cargoが運航するチャーター便を利用し、ニュージーランドのオークランドまで航空輸送した。

ADRAS-Jは今後、マヒア半島の射場からロケットにより打ち上げられ、軌道投入後は長期にわたり放置されたデブリの運動や損傷・劣化状況の撮影を行う予定。ADRAS-Jプロジェクトの成功を願い、精密な人工衛星の集荷、梱包、通関など国際輸送に関わる手続きを、同社グループが一丸となって手配した。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース