LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





NXHD/東大先端科学技術研究センターと連携、公開シンポ参加

2024年06月27日/3PL・物流企業

NIPPON EXPRESS ホールディングス(NXHD)は、東京大学先端科学技術研究センター先端物流科学寄付研究部門が、6月19日に開催した同部門発足5周年を記念した公開シンポジウムを後援し、NXHD 大辻智常務執行役員がパネルディスカッションに登壇した。

<東京大学三島執行役チーフ・ディベロップメント・オフィサー(左から2番目)より表彰盾を授与された NXHD 大辻智常務執行役員(左から 3 番目)>
20240627nxhd - NXHD/東大先端科学技術研究センターと連携、公開シンポ参加

東京大学本郷キャンパス内で行われた同部門設置5周年記念シンポジウムでは、「物流業界からアカデミアへの期待」と題したパネルディスカッションが行われ、高度物流人財の育成や教育、物流やサプライチェーンの未来像について意見を交わした。また東京大学基金より「栄誉会員」の称号とともに記念のプレートが贈呈された。

なお、近年、物流を取り巻く環境は、少子高齢化やECの急激な発展による荷物量の増加、2024年問題に起因するトラックドライバー不足など、多くの課題を抱えている。これらの物流課題を解決すると同時に持続可能な社会の実現に寄与するため、2019年7月に東京大学先端科学技術研究センターに物流企業からの寄付によって「先端物流科学寄付研究部門」が設置されたもの。

この研究部門では、物流が抱える様々な課題の解決に向けて、AI、IoTなどの最先端技術や様々な数値解析手法を用いたソリューションの研究に取り組んでいる。また東京大学工学系大学院生に対してもサイエンスから物流を構築できる高度物流人財の育成と輩出を目指し、実践的な教育プログラムを提供している。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース