LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





商船三井/サステナビリティ・リンク・リースの契約締結

2024年07月02日/3PL・物流企業

商船三井は、グループのMOL Chemical Tankers Pte. Ltd. (MOLCT)が、グループの環境戦略の一環として、東京センチュリーとケミカルタンカー“BONITA ANA”(ボニータ アナ)を対象に、本邦初のサステナビリティ・リンク・リース契約を締結した。

<ケミカルタンカー船「BONITA ANA」>
20240702mol1 - 商船三井/サステナビリティ・リンク・リースの契約締結

グループの環境戦略「商船三井グループ 環境ビジョン2.2」および同社のサステナブルファイナンス・フレームワークは、サステナビリティ課題の解決に向けた取り組みに資するものとイネイブラーである東京センチュリーより評価され、本リース契約の締結に至った。この契約ではグループの環境戦略と整合したサステナビリティ・パフォーマンス・ターゲットを設定し、その達成状況に応じてリース料が減額される。

イネイブラーとは、自社のサービスを通じて、他社のサステナビリティ(トランジション)戦略の実現を支援する金融機関。

東京センチュリーはイネイブラーとして、日本型オペレーティングリース(JOLCO)での支援を目的とした本邦初の「サステナビリティ・リンク・ファイナンス及びトランジション・リンク・ファイナンス・フレームワーク」を策定しており、本件はこのフレームワークを活用した第1号案件となる。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース