伊藤忠商事/ツルヤ靴店との業務・資本提携、物流支援も

2006年12月06日 

伊藤忠商事(株)と(株)ツルヤ靴店は、業務・資本提携をする。

この度の業務・資本提携の目的は、ツルヤ靴店が伊藤忠グループのネットワークによる様々な機能を積極的に活用して、更なる経営改革を推進し、収益の向上と成長を目指し、伊藤忠はツルヤ靴店の改革に積極的に協力するもの。

ツルヤ靴店は、2000年に名古屋証券取引所へ株式を上場し、現在靴専門店「ASBEE」を中心に大型店「ツルヤフォーラム」を含め全国に63店舗を展開し、イオン(株)のモール型SC(ショッピングセンター)に積極的に出店し、2005年12月にはイオン(株)と業務・資本提携を行っている。

伊藤忠は、従来よりグローバルなネットワークを活用した靴輸出入取引を推進、中国に革靴工場を持つなど、企画/生産体制の構築を進め、今後、店頭起点の情報をスピーディーに共有出来ることで、新たな視点での役割(商品開発/海外調達/ブランドビジネス/物流支援)を担い、積極的にリーテイルサポートを行う。

この度の業務・資本提携を機に、ツルヤ靴店と伊藤忠は、両者の企業価値の最大化を目指し、互いの経営理念を尊重しながら、幅広い分野で積極的に交流を図ってまいります。また、将来的には、海外での事業展開をも視野に入れた「川上から川下までの製販一貫体制の共同構築」を進める。

資本提携は、業務提携を円滑に推進するため、伊藤忠商事はツルヤ靴店の発行済株式総数の5%未満の普通株式を保有する。ツルヤ靴店は2006年12月末日までに、第三者割当増資により338千株の新株式を発行し、伊藤忠がこれを引き受ける。

業務提携の骨子
(1)LEEブランド商品の販売拡大
伊藤忠は、今後ともLEEブランド商品のツルヤ靴店での独占販売を開発/生産両面においてサポートする。
(2)PB商品(プライベートブランド商品)の共同調達
両社は、PB商品の共同調達の拡大に向けて積極的に協力する。
(3)物流支援
伊藤忠は、ツルヤ靴店の業容拡大に伴う物流業務の効率化を支援する。
(4)ブランド紹介
両社は、積極的に情報交換を図りつつ、伊藤忠の持つブランド情報を有効活用する。

最新ニュース

物流用語集