サークルKサンクス、ココカラファインHD/物流などMD支援

2009年12月21日 

ココカラファイン ホールディングスとサークルKサンクスは12月21日、業務提携を行うと発表した。

ヘルス&ビューティケア(H&BC)やファーストフード、デイリーフーズなど両社が得意とする商品カテゴリーについて、商品改廃・棚割り・物流・販促などトータルのマーチャンダイジング(MD)支援を相互に実施。コーナー展開による売り場活性化を目指していく。

両社は、ドラッグストアとコンビニエンスストアを融合した競争力ある新業態の開発、コラボ出店の新たなスタイルの確立、オリジナル商品の共同開発やマーチャンダイジング(MD)相互支援、「登録販売者」資格取得支援などを目的として、広範な業務提携契約を締結した。

具体的な提携内容は、両社で設置する「提携実行委員会」のもと、提携範囲ごとに作業部会を設けて、具体的な取組み内容を決めていく。既存のドラッグストアをベースとした、ドラッグストアとコンビニエンスストアの機能を融合した新業態店「ヘルスケアコンビニ(仮称)」を開発する。2010年度をめどに実験を開始し、本格展開のためのプロトタイプを確立する。実験店舗は、「セイジョー」の店舗から開始し、本格展開にあたっては、「セガミ」の店舗も対象に加え地域を拡大する。

早期に多店舗化を図るため、ココカラファインと業務提携している他のドラッグストアなどへの横展開も目指す。既存店だけでなく、北海道・東北などココカラファインの未出店地域も含め、新業態店の新規出店を検討する。店舗物件情報を共有することにより、両社の出店活動の強化・促進を図る。

処方箋・調剤薬局店頭を活用した「ミニコンビニ(仮称)」の出店、コンビニエンスストア内への「ミニドラッグ(仮称)」の出店、処方箋・医療用医薬品の受け渡し拠点としてのコンビニエンスストア活用など、新たなコラボ出店のスタイルを検討する。

サークルKサンクスは、中京地域を中心に事業展開するユニーグループの一員として、全国38都道府県において、コンビニエンスストア「サークルK」と「サンクス」をフランチャイズ・直営展開している。ココカラファインは、2008年4月1日、セガミメディクスとセイジョーが経営統合し設立された。両子会社を通じて、ドラッグストアチェーン「セガミ」と「セイジョー」を全国30都府県で展開している。

雇用・所得環境が厳しさを増すなか、個人消費の不振とともに消費者は「低価格志向」を強めている。コンビニエンスストア業界では、市場全体の成長性が鈍化し成熟段階に近づきつつあり、同業だけでなく、スーパーや外食など異業種との競争に勝ち残るため、各社とも新たな商品や販売方法への挑戦、ITイノベーションを通じたサービス商材の多様化によって収益力向上に取り組んでいる。

ドラッグストア業界においては、オーバーストア現象により価格競争が激しくなるなか、ことし6月の改正薬事法施行に伴う異業種の本格参入も見込まれ、M&Aや資本業務提携などを通じた業界再編が進行している。

最新ニュース

物流用語集