三菱電機、SAP/製造業の省エネ化ソリューション共同開発

2010年06月16日 

三菱電機とSAP AGは6月16日、製造現場から経営までのエネルギーを管理し、製造業の省エネルギーを推進するソリューションの共同開発で合意したと発表した。

この共同開発では、工場の生産情報とエネルギー情報を可視化する三菱電機のソリューション「e&eco-F@ctory」と、SAPの製造業向け統合ソフトウェア「SAP Manufacturing Integration and Intelligence」、工場の製造現場で部材、製品などの情報を統合する製造実行システム「Manufacturing Execution System」を直接連動させる。

これで企業全体での計画的なエネルギー管理とその可視化を実現する。

また、製造現場の末端のデータやエネルギーデータを連結し、生産管理者や経営層がリアルタイムで閲覧できるようにする。両社は工場での経営や生産管理システムが将来クラウド化される事も想定し、年内に新ソリューションの本格的な提供を目指す。

最新ニュース

物流用語集