アートコーポレーション/平均単価下落で売上高1.3%減、当期利益2%増

2010年11月12日 

アートコーポレーションが11月12日に発表した2010年9月期決算によると、売上高671億1400万円(前年同期比1.3%減)、営業利益28億9900万円(2.2%減)、経常利益28億4900万円(0.7%増)、当期利益12億7300万円(2.0%増)となった。

引っ越し業では、法人チャンネルの転勤引越部門で企業の経費抑制に伴う転勤引越の減少を新規取引先獲得等でカバーし、取扱件数は前年実績をほぼ維持。取次部門においても、賃貸仲介会社から効果的に受注獲得を行う目的で、新たに賃貸営業部を設置し、好調な郵便局からの引越取次紹介等も合わせて大幅に拡大。法人チャンネル全体の取扱件数は前年を大幅に上回る結果となった。

個人チャンネルの取扱件数についても、効果的な受注および効率的な配車・配員のための体制整備の結果、インターネット経由のさらなる受注拡大に加え、減少傾向にあったそれ以外の個人の取扱いについても前年を上回り、個人チャンネル全体として前年実績を上回る結果となった。

以上のようにシェアアップと取扱い件数は拡大したものの、平均単価の下落が大きく、減収となった。

国内物流事業は、家具等の輸送取扱量が引き続き堅調に推移し、また、エコポイント等の景気対策による家電や車輌部品等の輸送量の増加に加え、新規取引先も獲得。売上高は、69億8600万円と前年度に比べ10億4900万円の増収(17.7%増)となった。営業利益は、8億7000万円と前年度に比べ3500万円の増益(4.2%増)となった。

次期の見通しは、売上高653億6300万円、営業利益26億4200万円、経常利益25億2200万円、当期利益11億5400万円を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集