フレームワークス/クラウド型在庫管理システム、月額9800円から

2011年01月18日 

フレームワークスは1月18日、クラウドサービス型在庫管理システム「Logistics Station iWMSX1」(以下:iWMSX1)のサービスを開始した。

iWMSX1は、同社の実績・ノウハウから企画・開発した在庫管理システムで、ノンカスタマイズで物流現場に求められる精緻な在庫管理をパブリッククラウドプラットフォームからサービスを提供する。

オペレーションはExcelと無線ハンディターミナルに対応し、すぐに利用が可能で、インターネットからのリアルタイムな在庫照会と高品質な入出荷、確実な受払情報の管理を実現する。

物流業、製造業、流通業の分野で、従来IT投資が困難だった現場にも対応し、ロジスティクスのIT化を進める。

同システムはマルチテナント方式を採用し、ユーザーの増加に対し柔軟で低コストに対応できる環境を構築している。

サービスを支える基盤として新日鉄ソリューションズが提供するクラウド・コンピューティングITインフラサービス「absonne(アブソンヌ)」を採用しており、既にトランコムとPALの物流現場ではトライアル運用が開始し、安定した稼働が実現している。

利用料金は従量課金制で、出荷明細単位の課金で最低月額利用料金9800円から、利用者数、拠点数、荷主数などに上限はなく、必要な時に必要な場所・人数で利用できる。初年度100社への導入を目指している。

■Logistics Staton iWMS X1
http://www.frame-wx.com/fwx/pro_iwms_X1.html

問合せ
フレームワークス
マーケティング本部
TEL:03-5297-3155
contact-fwx@frame-wx.com

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集