日本郵船/中国・広州の完成車専用ターミナル運営会社に出資

2011年02月07日 

日本郵船は2月7日、中国の広州・南沙港で完成車専用ターミナルを運営する広州港南沙汽車碼頭(以下:広州港南沙汽車)の株式12.5%を取得し、同社に関した合弁契約を中国側株主3社と締結したと発表した。

広州港南沙汽車は2005年に設立以降、華南の自動車物流拠点として業務を拡大し、2010年には約24万台の完成車を取り扱っている。中国の完成車専用ターミナルにおける取扱量としては上海港、天津港に次いで3番目。

日本郵船は既に大連港、天津港、上海港での完成車専用ターミナル事業へ参画しており、今回の出資により中国4大港すべてでターミナル運営会社への資本参加を果たしたことになる。これらの拠点を核とし、自動車専用船による海上輸送やPDI、トレーラーによる内陸輸送などを組み合わせたより利便性の高いサービスの展開が可能となる。

また、中国および世界各地で取り組んでいる完成車専用ターミナル事業・完成車物流事業の運営ノウハウを広州・南沙港にも展開していくとしている。

■広州港南沙汽車碼頭概要
所在地:中国広東省広州市沙仔島
設立:2005年11月
資本金:2億1300万人民元
資本比率:広州港集装箱総合発展45%、広州汽車集団商貿27.5%、広州南沙基礎設施投資15%、NYK12.5%
董事長:蔡錦龍
事業内容:完成車専用ターミナル事業
岸壁全長:623m
ヤード総面積:42.3万㎡

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集