SGホールディングス/物流の進化にグループの総力を結集

2011年04月01日 

SGホールディングスは4月1日、国立京都国際会館に新入社員889名を集め、2011年度入社式を開催した。

<入社式の様子>
20110401sagawa - SGホールディングス/物流の進化にグループの総力を結集

SGホールディングスの栗和田榮一会長兼社長による訓示では、東日本大震災のことにまず触れ、同社でも甚大な被害を受けたと述べた。

さらに、「公的機関の要請を受け、今この時にもみなさんの先輩が、救援物資の輸送をはじめとする被災地の救援活動を続けている」と、新入社員に話した。

その後、会社の使命を「最先端の情報技術とアナログの部分をいかに効率よく運営するかにかかっている」とし、そのことを今回の大震災で強く感じたと語った。そして、「企業の社会的責任として、SGホールディングスグループの総力を挙げて物流の進化に取り組む」、と語った。

なお、入社式に参加した889名の内、佐川急便が803名で、SGホールディングス、佐川急便、佐川引越センター、ワールドサプライ、佐川グローバルロジスティクス、SGモータース、佐川アドバンス、SGシステムの計8社の合計となる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集