ホンダ/国内の完成車生産は6月末まで5割程度の操業率

2011年04月25日 

本田技研工業は4月25日、今後の生産見通しについて、国内四輪工場の完成車と海外拠点用部品の生産は、6月末までは5割程度の操業率となると発表した。

7月以降の操業については依然として部品供給が不安定なため、状況を見ながら順次決定していくが、年内には正常な生産が再開できる見込みとしている。

海外生産拠点は状況を見ながら順次決定していくという。

なお、同社の3月の国内生産は前年同月比62.9%減の3万4754台。国内販売は28.2%減の5万8203台で、輸出は26.2%減の2万699台だった。

関連記事

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集