住友ゴム/投資額280億円でブラジルに生産子会社、物流コスト削減

2011年05月17日 

住友ゴムは5月17日、ブラジルにタイヤ製造・販売子会社を設立すると発表した。

ブラジルのタイヤ市場は着実に需要が伸長する一方で、高関税と遠隔地からの輸送による高物流コストにより、輸入品には不利な状況から、現地に生産拠点を設立することになったもの。

■製造・販売子会社の概要
商号:Sumitomo Rubber do Brasil Ltda.
所在地:パラナ州ファゼンダ・リオ・グランデ市
設立日:2011年7月
事業内容:乗用車用ラジアルタイヤの製造・販売
総投資額:約5億6000万レアル(約280億円)
決算期:12月末
資本金:約8000万レアル(約40 億円)(当初)
資本構成:住友ゴム100%
生産開始:2013年10月
生産能力:1万5000本/日
敷地面積:約50万㎡

最新ニュース

物流用語集