AMB、プロロジス/経営統合成立

2011年06月06日 

AMBプロパティコーポレーションとプロロジスは6月3日、経営統合が完了し、物流不動産開発・所有・運営の新会社プロロジスが誕生した、と発表した。

経営統合により、旧プロロジスの普通株は新しく発行された新会社の普通株の0.4464 に換算し、移行した。AMBの普通株はそのまま統合後の会社と普通株の1株となり、旧プロロジスの株主が新会社の約60%の株式を、旧AMBの株主が約40%の株式を保有している。

経営統合による相乗効果で徐々にコスト削減が進み、最終的に2012年末には年間で約8000万ドル(約68億円)の一般管理費を削減する計画。

強化された財務体制と拠点数の拡大により、カスタマーのニーズにより的確に応えることができると同時に、収入機会が増えることでよりよい資本コストを持つことができると想定している。

AMBの前CEOであるモガダムとプロロジスの前CEOであるラコウィッチが2012年12月31日まで新会社の共同CEOとして会社全体の指揮を執り、それ以降はラコウィッチが退任し、モガダムが単独CEOとなる。

2012年末まではモガダムがプロロジスのビジョン、戦略、プライベートキャピタル(投資家との共同事業)のフランチャイズに注力し、ラコウィッチは特に2社のプラットフォームの統合と経営統合の相乗効果を最大化するという企業経営に注力することになっている。加えて、モガダムが取締役会長を務め、ラコウィッチが取締役会のエグゼクティブ・コミッティーの会長を務めることになっている。

新プロロジスの本社機能はサンフランシスコ、業務本部はデンバーとなる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集