三菱ふそうトラック・バス/新型「キャンター」をポルトガルで生産

2011年10月18日 

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は10月17日、ポルトガルの子会社三菱ふそうトラック・ヨーロッパのトラマガル工場で10月14日、欧州市場向けの小型トラック、新型「キャンター」の生産を開始したと発表した。

<新型「キャンター」(欧州仕様車)>
20111018fusou.jpg

今回のポルトガルでの生産開始は、新型「キャンター」として初の海外KD生産となる。

欧州市場向け新型「キャンター」は、トラマガル工場で生産され、30か国以上で販売される予定。また、金額ベースで約50%以上の主要部品(エンジン、アクスル、サスペンション、ブレーキ、タイヤ等)を欧州各地のサプライヤーから調達している。

MFTBCは今後も新型「キャンター」を、欧州をはじめとする主要海外市場に展開する予定で、2012年末までに40カ国以上の新規市場導入を予定している。

最新ニュース

物流用語集