NEC/サプライチェーンの見える化、クラウドサービスで提供

2011年10月26日 

NECは11月~、サプライチェーンの物流過程において、輸送中貨物の現在ステータス(位置や在庫情報)を効率的に確認できるクラウドサービス「NeoSarf/Logistics(ネオサーフ/ロジスティクス)」を販売開始する。サービスの提供開始時期は、2012年1月の予定。

<NeoSarf/Logisticsの概要>(※画像をクリックすると拡大します)
20111026necc.jpg

NeoSarf/Logisticsは、各事業者で扱う貨物の管理番号をクラウド上で相互に紐付ける仕組みを持ち、どの事業者の管理番号で検索しても、輸送中貨物の現在位置が把握可能となる。

商品明細やロット情報も管理できるため、輸送過程のどこに何がどれだけあるのか、さらに、これらの輸送中貨物ステータス情報を使って、何がいつどれだけ届くのか、という着荷側視点での輸送中在庫情報の把握も可能。これにより、サプライチェーンにおける物流過程のよりきめ細かな管理が実現する。

また、インターネットにより世界中どこからでも利用が可能で、日本語、英語、中国語の複数の言語に対応するなど、グローバル化に対応している。

■NeoSarf/Logistics
http://www.nec.co.jp/solution/retail/neosarf/logistics/

問い合わせ
NEC
交通・運輸・サービス業ソリューション事業部
TEL:03-3456-8330
info@nsl.jp.nec.com

最新ニュース

物流用語集