タイ洪水被害/対応策さまざま

2011年11月11日 

トヨタ自動車はタイ洪水被害に対し、インドネシア、フィリピン、マレーシア、ベトナム、南アフリカの車両工場で、11月14日から始まる週の稼働レベルの調整を行う。

国内の車両工場では10月24日から稼動レベルの調整を行ってきたが、11月21日から11月25日までは、ほぼ通常レベルで稼動する。

また、北米の生産拠点では11月14日から始まる週において、通常レベルの稼働とする。タイの工場は11月21日から稼働を再開する。

いすゞ自動車は洪水の影響により、取引先からの部品供給が停止しており、11日まで現地生産拠点での生産を停止していたが、引き続き11月18日まで稼働を見合わせることを決定した。

栄研化学が製造委託しているタイの会社が被害を受けたことから、稼働停止状態となっており、同社では安定供給に支障をきたす事態となっている。現在、国内の製造委託先での増産を図って対応を進めている状況で、供給の早期正常化に向けて全力で取り組んでいる。

最新ニュース

物流用語集