ダイセル、三井化学/高発泡プラスチック製品の両子会社を合併、物流費削減も

2012年01月23日 

ダイセルと三井化学は1月23日、高発泡プラスチック製品の製造販売を行う両社子会社の合併を決めた。

4月1日付けで新会社、DMノバフォームを発足させ、ダイセルの子会社であるダイセルノバフォームと三井化学の子会社東北ポリマーの両社が、高発泡プラスチック製品事業の基盤強化を目的に合併する。

新会社は、ノバフォームを存続会社、東北ポリマーを消滅会社とする吸収合併により発足する。

両子会社の主力製品である果実用包装資材で、主に関東地方以西を販売エリアとするノバフォームと東北地方を販売エリアとする東北ポリマーの合併により全国展開を図る。

土木建築用資材など非農業分野でもダイセルグループと三井化学グループの販売チャネルを活用した拡販を進める。

さらに、両グループを活かした新製品開発の加速、物流費削減などの業務効率化により相乗効果を図る。

新会社の概要
新社名:DMノバフォーム(株)
本社所在地:長野県上高井郡小布施町
製造拠点:長野工場(長野県上高井郡小布施町)、岡山工場(岡山県津山市)、青森工場(青森県南津軽郡藤崎町)
社長:高島憲一
資本金:9800万円
出資比率:ダイセル65%、三井化学35%

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集