日本ロジスティクスファンド/草加物流センターを三井倉庫から取得

2012年02月27日 

日本ロジスティクスファンド投資法人と三井物産ロジスティクス・パートナーズは2月27日、草加物流センターを取得すると発表した。

<物件の外観写真>
20120227nihonlogi - 日本ロジスティクスファンド/草加物流センターを三井倉庫から取得

準共有持分は、三井物産の100%子会社の三井物産リアルティ・マネジメントが組成予定の特別目的会社との準共有となる予定。

草加物流センターは、立地として、草加・三郷エリアは東京23区という最大の消費地に隣接し、東京港や羽田空港等の物流ゲートウェイへのアクセスも良好で、一般消費財の首都圏向け保管・配送拠点としてのニーズが高いエリアとなっている。

施設は、有効柱10.0m以上、有効天井高5.5m以上、基準階床荷重1.5t/㎡と標準的な施設使用を備えた大規模汎用物流施設。複数のテナントが利用することを想定し、上り専用スロープと下り専用ランプウェイを併設する。

稼働率が100%でテナントは、1.2階と7.8階は、倉庫業大手の三井倉庫と定期建物賃貸借契約を締結しており、拠点の一つとして利用している。

3.4階は、埼玉南部エリアを中心に3PLの小山企業と定期建物賃貸借契約を締結。同社最大規模の営業拠点として利用している。

5.6階は、インテリアのサンゲツと定期建物賃貸借契約を締結。関東エリアの拠点として利用している。

■取得概要
取得資産:国内不動産信託受益権の準共有持分50%
物件名称:草加物流センター
所在地:埼玉県草加市青柳1-6-39
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造陸屋根8階建て
建築時期:2008年4月18日
取得価格:63億6000万円(ただし、取得諸経費、固定資産税、都市計画税および消費税を除く)
契約日:2012年3月27日(予定)
引渡日:2012年3月27日(予定)
取得先:三井倉庫
取得資金:借入金および自己資金
支払方法:引渡時一括

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集