アスプローバ/生産拠点のグローバル化による在庫最適で講演

アスプローバは3月16日、企業の生産拠点が急速にグローバル化しているものの、在庫の最適化、利益最大化をいかに行うかを高橋邦芳社長が、講演する。

ロジスティクス・SCM+流通フェアにおいて、E会場で午後1時から40分講演する。需要・供給・生産・物流の変動などの不確実性が大きい環境下で、利益と在庫を最適化する「Asprova SCM」について解説する。

■ロジスティクス・SCM+流通フェア
http://www.l-partner.co.jp/lfs/

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集