兵機海運/3月期の売上高3.9%増、営業利益8.3%増

2012年05月12日 

兵機海運が5月11日に発表した2012年3月期決算によると、売上高129億7600万円(前年同期比3.9%増)、営業利益1億7400万円(8.3%減)、経常利益8400万円(57.1%増)、当期利益4100万円(8.9%減)となった。

内航事業では高値で推移する燃料費には荷主にサーチャージの協力をお願いすると共に、将来的な安定輸送の確保策の一環として老朽船のリプレース計画の準備を進めてきた。また、外航事業では、一部船舶の裸傭船化を行うと共に品質の高い輸送サービスをもって長期安定輸送の獲得に注力するなど、収益改善を図ってきた。

港運・倉庫事業では、受託貨物の直接管理が営業面での細やかな対応に結びついたことで信頼を得ると共に、非効率貨物からの脱却を図る等の対応を行った。

来期は、売上高1350億円(4.0%増)、営業利益2億8000万円(60.6%増)、経常利益1億8000万円(113.6%増)、当期利益1億1000万円(166.9%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集