大日本印刷/40億円投じ、ベトナムに軟包装の工場開設

2012年05月14日 

大日本印刷株式会社(以下:DNP)は、日用品や食品向けのフィルム製パウチやチューブなどの軟包装を製造する工場をベトナムに新設すると発表した。

稼動開始は2013年4月を予定している。

<新工場の外観>

新工場は、シャンプーの小分け袋(サシェット)のほか、柔軟仕上剤や洗剤などのスタンドパウチ、歯磨きや化粧品などのラミネートチューブの原反などの製品を生産し、インドシナ半島と近隣諸国のグローバル企業、日系企業、ローカル企業に製品を供給する。

優れた機能性を保持しつつ、フィルムの薄肉化を図るなど、環境負荷やコストの低減を実現するとともに、ベトナムをはじめとしたインドシナ半島各国の風土や生活様式に合わせたパッケージの開発にも取り組んでいく。

■新工場概要
運営会社名:DNPベトナム有限責任会社
出資形態:DNP80%、DNPインドネシア20%出資による合弁会社
所在地:ビンズン省 ミーフック工業団地
敷地面積:3万㎡
工場建築面積:1万㎡
着工:2012年7月
竣工:2013年4月
投資額:約40億円

最新ニュース

物流用語集