オカムラ、新日鉄/エヌエスオカムラが操業再開

2012年05月17日 

岡村製作所、新日本製鐵(以下:新日鉄)は5月17日、震災により生産を停止していた合弁会社エヌエスオカムラ(岩手県釜石市)が、新日鉄釜石製鉄所構内で操業を再開したと発表した。

<エヌエスオカムラ新工場>
20120517okamura - オカムラ、新日鉄/エヌエスオカムラが操業再開
新工場は被災した旧工場とは別の新日鉄釜石製鉄所構内に設置、現在は機械設備の試運転と量産準備中で、5月22日に本格的な生産に入る。

事務用鋼製家具製造事業を手掛けるエヌエスオカムラは、東日本大震災で津波の直撃を受け工場建屋や生産設備の大半を失い、生産を停止していた。

両社は、供給力の確保のため、昨年8月に新工場設置を決め、操業再開に向けた準備を進めていた。

■新工場の概要
所在地:岩手県釜石市鈴子町23-15(新日鉄釜石製鉄所構内) 
売上高:24億円(2012年度見込み)
規模:敷地面積 2万2048㎡ 、延床面積1万2212㎡
事業内容:物流システムラック製品およびデスクシステム製品の製造及び販売
設備投資額:25億円
資本金:1億円   
出資構成:オカムラ45.5%、新日鉄44.5%、関西岡村製作所10.0%

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集