パナソニック/32億円投じ、インド・ダマン地区に新工場棟竣工

2012年05月21日 

パナソニックは5月18日、子会社のアンカーエレクトリカルズがインド・ダマン地区に新工場棟を竣工したと発表した。

<新工場棟>
20120521panasonic - パナソニック/32億円投じ、インド・ダマン地区に新工場棟竣工

新工場棟は、配線器具の生産施設で、投資金額は20億ルピー。ボリュームゾーンからハイエンドゾーンの製品を生産する。生産計画は、初年度で2億4000万個。2013年度には生産能力を倍増させる見込み。

本施設は、パナソニックが掲げる創業100周年ビジョンであるエレクトロニクスNo.1の「環境革新企業」に基づき、LED照明の採用や太陽光パネルを設置するなど、CO2削減に寄与する環境に配慮した設備を採用した工場。

■新工場棟の概要
生産品目:配線器具
従業員:1500人
投資金額:20億ルピー(約32億円)
土地面積:2万7700㎡
建物延床面積:2万4800㎡
所在地:インド共和国 ダマン
環境配慮:LED照明の設置(ロビー,会議室)、太陽光パネルの設置(発電量:15KW)、自然採光の取り込み(照明器具の削減)、汚水のSTP処理水を緑地散水として活用

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集