横浜市港湾局/横浜港でコンテナ貨物に補助

2012年07月17日 

横浜市港湾局は7月12日、国際コンテナ戦略港湾として、コンテナ貨物の積極的な集約を図るため、2012年度も3つの補助制度を実施すると発表した。

戦略的集荷補助は、国内外の他港から横浜港への利用転換や横浜港での国際トランシップを増加させる事業に対して補助を実施する。

1FEU(40フィートコンテナ1本)あたり5000円を標準とするが、貨物量が多いほど、より有利な補助額を適用する。

補助額は対象貨物の総量に応じ、1FEU につき、5000円~7000円(申請者1社あたりの上限額:4000 万円)。対象期間は、2012年4月1日から2013年2月28日まで。

アジア輸入貨物増加促進補助は、中国・香港・台湾・東南アジアの国や地域からの輸入に対する国際海上コンテナの増加貨物(実入りのみ)に対し、補助を実施する。

補助額は、1FEU につき、5000円(申請者1社あたりの上限額:1000 万円)。対象期間は2012年7月1日から2013年2月28日まで。

コンテナバージ集荷補助は、横浜港へのコンテナ貨物の集荷及びグリーン物流の推進を目的に、横浜港と千葉港各地区との間でバージ輸送されるコンテナ貨物(前年度同期とを比較した実入り増加分)に対して、補助を実施。

補助額は1FEU につき、2000円。対象期間は2012年7月1日から2013年2月28日まで。

詳細な内容は下記URLを参照。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kowan/business/24-shukahojo.html

最新ニュース

物流用語集