伊藤忠商事/インドネシア・カラワン工業団地を拡張

2012年10月22日 

伊藤忠商事は10月22日、インドネシア大手財閥であるシナルマスグループとの共同出資で、開発・運営するカラワン工業団地(インドネシア)に、約200haの開発用地を追加取得すると発表した。

カラワン工業団地はジャカルタ中心部から東へ55km(約1時間)に位置し、今回追加取得する開発用地を含めた総開発面積約1400haに現在約130社が入居している。

今年で20年を迎える管理・運営実績に基づいた成熟度・安心感の高さから、入居企業の8割以上が日系企業となっている。

日系企業の進出をサポートするための付帯施設(サービスアパート160室、日本食レストラン2件、銀行3行、コンビニエンスストア、スポーツ施設等)を充実させていることに加え、賃貸工場事業(土地5ha建物2万7000㎡)にも着手し、多様な進出形態にも対応している。

今回の新規工業団地の販売・引渡しスケジュールは、日系企業の旺盛なインドネシア進出ニーズに合わせるべく、既に取得済みの開発用地を先行販売した上で、新規取得の用地についても2013年春を目処に販売開始の見込みで、工業団地各区画の完成引渡は2014年度以降順次行っていく予定。

■カラワン工業団地概要
会社名:カラワン工業団地(略称:KIIC[Karawang International Industrial City])
アクセス:ジャカルタ市内より約55km(高速道路を利用して1時間程度)
事業開始:1992年
出資比率:伊藤忠商事50%、シナルマスグループ50%

最新ニュース

物流用語集