レンゴー/段ボールの軽量化と古紙資源の有効活用で受賞

2012年10月29日 

レンゴーは10月26日、金津事業所(福井県あわら市)が、段ボールの軽量化と、古紙資源の有効活用に関する活動が評価され、リデュース・リユース・リサイクル(3R)推進協議会主催の2012年度リデュース・リユース・リサイクル(3R)推進功労者等表彰で、会長賞を受賞したと発表した。

同社金津事業所で開発された軽量で高い性能を有する段ボール原紙「LCC原紙」で、貴重な古紙資源の有効活用や環境負荷低減につながる。

環境に優しい段ボールの環境性能をさらに高めるため、より軽く、より薄く、CO2排出も少ないパッケージの開発と普及を強力に推進していくとしている。

最新ニュース

物流用語集