佐川急便/江東区に最新鋭物流施設を開設

2012年12月13日 

佐川急便は12月13日、東京都江東区に大型物流施設「佐川東京ロジスティクスセンター」を開設した。

<佐川東京ロジスティクスセンター>
20121213sagawa0 - 佐川急便/江東区に最新鋭物流施設を開設

<佐川ロジスティクスセンターの壁面>
20121213sagawa1 - 佐川急便/江東区に最新鋭物流施設を開設

佐川急便の旧東京支店があった場所で、今後佐川急便東京本社、SGホールディングス東京事務所、佐川急便千代田店などが入居する。マルチテナント型として入居希望企業とは交渉中だ。

施設は物流棟と事務棟に分けられる。物流棟では、最新の自動仕分け機を導入し、荷物の形状に応じて仕分けラインを分けることで、配送業務の効率化と輸送品質の向上を実現した。

<最新の自動仕分け機を導入>
20121213sagawa2 - 佐川急便/江東区に最新鋭物流施設を開設

マルチテナント型として、あらゆる顧客を想定し、床荷重1.5t/㎡、倉庫有効高5.5m、照度300ルクス、40フィートコンテナ走行可能など汎用的で基本的なスペックを完備している。

また、構内作業中の熱中症などを防ぐ目的で、半屋外エリアにも空調設備を完備している。

さらに、環境配慮型物流センターとしても、大規模な壁面緑化、屋上緑化により、建物への熱負荷低減とヒートアイランド現象の抑制に貢献する。

<大規模な壁面緑化>
20121213sagawa3 - 佐川急便/江東区に最新鋭物流施設を開設

事務棟では、シンクライアントシステムを導入。施設内のPC環境をサーバー上ですべての処理を実行するシステムとし、ユーザー側の端末には一切データが残らないセキュリティの高いシステムを採用している。これにより、ノートPCなどで、外出時なども管内と同じ環境で業務を行うことが可能となった。

高潮、集中豪雨等があった場合、1階部分に浸水の恐れがあるため、2階に災害対策として重要機能室(防災センター)を配置。東京に直下型地震があった場合にも対応している。屋上に自家発電機を設置し停電時に備えるとともに、受水槽での上水インフラを整え、600人に3日間供給可能な備蓄を施している。

■施設概要
所在地:東京都江東区新砂2-2-11
敷地面積:2万8921.02㎡
延床面積:7万5266.77㎡
物流スペース:4F、5F 1万678.12㎡/階
建物概要:地上6階・PH(ペントハウス)1階

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集