LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

富士通/製造業のグローバルオペレーションを最適化

2012年12月18日/国際

富士通は12月18日、世界各国に点在する生産・販売・在庫情報の一元管理と最適化を行うグローバルオペレーションを支援する新ソリューション「GLOVIA ENTERPRISE GS(グロービア エンタープライズ ジーエス)」を開発し、提供を開始した。

<グローバルマスタの実現イメージ>
20121218fujitsu1 - 富士通/製造業のグローバルオペレーションを最適化

<グローバルモニタリングの全体イメージ>
20121218fujitsu2 - 富士通/製造業のグローバルオペレーションを最適化

<グローバルプランニングの実現イメージ>
20121218fujitsu3 - 富士通/製造業のグローバルオペレーションを最適化

「GLOVIA ENTERPRISE GS」は、点在する拠点のローカル品番を変更することなくマスターを全社統一するための基盤となる「グローバルマスタ」、膨大なグローバル情報を経営視点で可視化する「グローバルモニタリング」、月次サイクルで最適地生産の計画を立案する「グローバルプランニング」の3つの製品群で構成。

これにより、顧客は市場の拡大や災害対策を考慮しながら複数国への生産展開、ならびに需要変動に応じた拠点横断的な需給調整といったグローバルオペレーションを柔軟かつダイナミックに実現し、複数国間で生産・販売・在庫を最適化でき、最終的には収益の拡大につながる、としている。

販売価格は、GLOVIA ENTERPRISE GS グローバルマスタ(基本サーバ )が1500万円より、GLOVIA ENTERPRISE GS グローバルモニタリングが1000万円より、GLOVIA ENTERPRISE GS グローバルプランニングが900万円よりとなっている。

販売目標は出荷開始から3年間で売上150億円。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース