LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三井倉庫/事業企画、商品開発を集約

2013年02月25日/3PL・物流企業

三井倉庫は2月25日、4月1日付で組織改編を実施すると発表した。

グループ入りした三井倉庫エクスプレスと三井倉庫ロジスティクスのノウハウ、強みを生かし、企業グループの更なる発展を目指す狙い。

本社管理機能組織では、従来、連結企業管理部で担っていた子会社統括管理機能を本社管理機能の各部(人事部、リスク管理部、情報システム部、経理部、財務部、業務部等)がそれぞれ分担することとし、連結企業管理部を廃止する。

各事業部門でそれぞれが分掌していた事業企画、商品開発等を事業統括部門に集約し、グローバルアカウント営業部、ソリューション営業部等を新設し、顧客のサプライチェーン・マネジメントを支えるプラットフォーム型サービスをグローバルに展開する体制を整備する。

倉庫事業部門では、地域別利益責任組織である各支社を統括する倉庫事業部門を新設のうえ、各支社の営業部を廃止し、提案営業機能を集約するとともに、顧客志向の営業配置、利益責任の明確化を目的とした営業組織を新設する。

各支社は、顧客へのサービスレベル向上、業務品質向上、生産性向上、施設の効率的運営に注力し、競争力のある物流サービスを提供する。

中国・アジア事業部門では、中国・アジア地域で三井倉庫中国投資有限公司、三井倉庫インターナショナル(シンガポール法人)をそれぞれの地域での事業統括会社とし、機動的な事業運営を図る。

国際輸送事業部門は、航空輸送事業を分離し、NVOCC事業を主管する。

航空事業では、三井倉庫エクスプレスが中核事業会社として、意思決定を迅速にし、スピードをもって事業拡大を図る。

ロジスティクス事業は、三井倉庫ロジスティクスが中核事業会社として、経営環境の変化に迅速に対応し、グループとしてのシナジーを追求する。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース