LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三井物産/テキサス州に液体・ガス タンクターミナルを新設

2013年03月06日/物流施設

三井物産は3月6日、子会社の米ITC社を通じ、テキサス州ヒューストンのPasadena地区で液体・ガス タンクターミナルを新設すると発表した。

<ヒューストンシップチャネルとPasadena地区のロケーション>
20130306mitsuib - 三井物産/テキサス州に液体・ガス タンクターミナルを新設

投資額は1億5000万米ドル超(140億円超)で、タンクや港湾設備、受入出荷設備を拡充・新設し、シェールガス・オイル革命を背景とした米石化産業の需要増に対応する体制を強化する。

ITCは、ヒューストンのDeer park地区に約110万㎡のタンクターミナルを保有し、40年間にわたって化学品会社などへ安全かつ効率的に石油製品・石油化学製品の出荷・保管などのサービスを提供してきた。

石油化学製品の貯蔵能力では全米有数の規模を持ち、2012年度の売上高は約1億1500万米ドル(約110億円)に上る。

Pasadena地区は運河に接した物流拠点に最適の土地で、メキシコ湾への玄関口であるヒューストンシップチャネルに位置し、大手化学品製造会社などが隣接する中心地。

ヒューストンシップチャネルは増設余地が少なく、ITCは今後の成長戦略を担保するためPasadena地区に土地を取得していた。新たに建設するタンクターミナルは、2015年第2四半期中の操業開始を見込んでいる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

国際に関する最新ニュース

最新ニュース