日通/2012年度の鉄道コンテナ2.8%増

2013年04月17日 

日本通運が4月17日に発表した2012年度の鉄道コンテナ取扱い実績は197万3013個で、前年同月比2.8%増だった。

2012年度上半期の発送個数は、台風4号、17号の上陸や、4月と9月に発生したJR北海道江差線の脱線事故があったものの、前年の東日本大震災による影響を受けて、反動増で推移した。

下半期はJR貨物による機関車の防護無線機一斉点検や、雪の影響による運休、エコカー補助金打ち切りに伴う自動車部品輸送の反動減などにより、前年同期比で減送となった。

年度実績としては、車扱輸送からコンテナ輸送への転換や東日本大震災の災害廃棄物輸送の本格化により増加となった。

2013年度鉄道コンテナ取扱目標個数は202万個(2.4%増)としている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集