ユナイテッドアローズ/次期商品管理システム構築に着手

2013年05月29日 

ユナイテッドアローズとアクセンチュアは5月29日、ユナイテッドアローズの「次期商品管理システム」構築にかかる契約を締結し、構築に着手したと発表した。

システムの稼働は2014年より段階的な稼働を予定している。

ユナイテッドアローズは、次世代の業務システムに関わる「ヒト・モノ・カネ」を対象とした全社規模の改革プロジェクトとして「UA2.0」を推進。

「UA2.0」では、マルチ型ビジネスを支える共通基盤の構築、ビジネス変化に即応できる柔軟性およびスピードの確保、ITコスト構造の適正化などを改革コンセプトに掲げており、ユナイテッドアローズのさらなるビジネス成長実現に向けた、重要な取り組みと位置づけている。

アクセンチュアは、「次期商品管理システム」の構築に加えて、稼働後のシステム保守・運用サービスを受託。

システム構築と保守・運用サービスを一貫して提供する、“マネージドサービス”により、本来であれば大規模な初期投資が必要となるシステム構築費用を、複数年の保守・運用業務を含めるサービス費用として平準化することで、ユナイテッドアローズの初期投資削減、ならびに長期的なコストの平準化を実現する。

「次期商品管理システム」では、日本マイクロソフトが提供するERPソリューションMicrosoft Dynamics AX 2012を採用。

マイクロソフト製品との高い親和性、ユーザー嗜好に合わせて画面を自在にカスタマイズ可能な柔軟性と統一プラットホーム上への容易な導入性が高く評価されている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集