三菱化学/韓国でイオン交換樹脂製造合弁会社を設立

2013年07月24日 

三菱化学は7月24日、韓国の三養社とイオン交換樹脂の製造合弁会社を韓国国内に設立すると発表した。

合弁会社の製造設備は、2015年5月の稼動開始を目標として韓国群山自由貿易区に建設する予定で、均一粒径イオン交換樹脂の製造能力は年間約2万立方メートルを計画している。

合弁事業会社の設立により、三菱化学のイオン交換樹脂事業としては福岡県の黒崎事業所(1万3000立法メートル/年)、イタリアのレジンディオン社(100立法メートル/年)、台湾の太洋化成(3500立法メートル/年)とあわせ、世界4拠点のグローバル製造体制が整う。

■新社概要
社名:Samyang Fine Technology Corporation:三養ファインテクノロジー(仮称)
所在地:韓国群山自由貿易区
資本金:320億ウォン(約27億円)
株主:三菱化学50%、三養社50%
設立日:2013年12月予定
事業内容:均一粒径イオン交換樹脂の製造

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集