近鉄エクスプレス/インドネシアに1万㎡の倉庫開設へ

2013年09月12日 

近鉄エクスプレスは9月12日、インドネシアの現地法人が、ジャカルタ北西部のマルンダ地区に2014年6月、ロジスティクスセンターを開設すると発表した。

<新ロジスティクスセンターの完成予想図>

新倉庫は、倉庫面積が1万㎡で、床荷重5トン/㎡の強固な構造、空調設備等も備えている。

インドネシア最大のタンジュンプリオク港から東へ10km、ジャカルタ中心地へは南西へ15kmというロケーション。

インドネシア国内で大幅な需要の伸びが期待できるデジタル家電、自動車関連品、産業用機械、ヘルスケア関連、ドライ食品・ドリンク等の配送拠点に最適で、同倉庫からインドネシア諸島への配送サービスも可能。

また、東ジャカルタに位置する工業団地と高速道路で結ばれており、同工業団地へ進出している顧客にも利便性の高いロジスティクス拠点として利用できる。

オペレーションは、近鉄エクスプレスのグローバル倉庫システムを導入し、高品質なロジスティクスサービスを提供する。

■新ロジスティクスセンター概要
名称:Marunda Logistics Center
業務内容:ロジスティクス、国内配送
住所:Kampung Kebon Kelapa,Kelurahan Desa Segara Makmur RT14/RW4,Kecamatan Tarumajaya,
Kabupaten Bekasi,JawaBarat-Indonesia
社員数:30名

最新ニュース

物流用語集