レナウン/物流子会社を解散・債権放棄

2013年11月14日 

レナウンは11月14日、物流子会社であるREDUロジスティクスを解散し、同社に対する債権を放棄すると発表した。

REDUロジスティクスは、2004年の設立以来、レナウンとグループ各社の物流業務を担っていたが、2011年3月1日にOPALへ物流事業を譲渡。

これにより、同社の物流子会社としての役割を終えたことから、同社の解散とレナウンの同社に対する貸付金に係る債権を放棄することになったもの。

債権の金額は19億円(見込)、債権放棄実施日は2014年2月上旬を予定している。

■概要
名称:REDUロジスティクス
所在地:東京都江東区有明三丁目6番11号TFTビル東館6階
事業内容:衣料用繊維製品及びその原料、服飾雑貨、アクセサリーの物流・保管
資本金:1億万円
設立年月日:2004年2月2日
株主:レナウン100%

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集