富士ゼロックス/90億円投じ、ベトナム・ハイフォンに生産拠点稼働

2013年11月19日 

富士ゼロックスは11月19日、ベトナム・ハイフォン市で富士ゼロックスハイフォンが稼働したと発表した。

<富士ゼロックスハイフォン>

約90億円を投資し2015年度末までにフル稼働を予定しており、アジアにおける生産ハブとして、全世界に向け商品を提供する。

富士ゼロックスハイフォンは、グローバル市場の需要拡大に対応するため、デジタルカラー複合機、小型LEDプリンターのほか、これらのデバイス用のプリント基板やドラムカートリッジ用部品などの基幹部品を生産、生産能力は年間約200万台。

■富士ゼロックスハイフォン概要
資本金:36MUSD(富士ゼロックスアジアパシフィック100%出資)
設立:2012年8月
所在地:ベトナム・ハイフォン市 (VSIPハイフォン工業団地内)
従業員数:創業時 約500名
業務内容:
複写機/複合機/プリンターの製造および輸出販売
複写機/複合機/プリンターに関連する部品の製造および輸出販売
生産能力:複写機/複合機/プリンター、200万台/年
敷地面積:17万6700㎡
工場棟建築面積:5万7563㎡

最新ニュース

物流用語集