日本電工、中央電気工業/経営統合

2013年12月27日 

日本電工と中央電気工業は12月27日、日本電工を親会社、中央電気工業を子会社とする株式交換による経営統合すると発表した。

統合は2014年7月1日の予定で、中央電気工業の普通株式は、2014年6月26日付で上場廃止となる計画。

両社は、事業の発展を実現するためには、各々の主要取引先が同じ新日鐵住金であり、事業内容と企業風土が近く、円滑な経営統合を行える両社が長期ビジョン・戦略の共有化、経営資源を融合し最大限に有効活用することが急務と考え、経営統合が最適と判断した。

経営統合により、両社の合金鉄、機能材料、環境の事業を融合した企業グループとなり、合金鉄製造は、ノウハウ結集と競争力強化に注力し、収益力の向上と強固な経営基盤確立を実現する。

統合時に、日本電工は、商号を新日本電工に変更する。

経営統合の効果として、合金鉄事業は、最適生産体制の確立、生産効率の向上、原料購買の一元化によりコスト削減が期待できる。

グループ内に東西に分散して生産拠点を構えることにより相互補完体制の強化を図り、顧客に対する供給安定性の向上とサービス体制の強化が可能となる。

全社では、間接部門の統合や物流の合理化によるコスト削減、収益源の分散、人的資源の有効活用、資金の効率的運用や財務基盤の拡大による企業体力の強化が期待できるとしている。

■株式交換後の状況
名称:新日本電工
所在地:東京都中央区八重洲1-4-16
代表者:代表取締役社長石山照明
事業内容:合金鉄、機能材料及び環境システム等の製造・販売
資本金:110億2600万円
決算期:12月31日

最新ニュース

物流用語集