NEC、SAP/クラウド型ERPサービスで協業

2014年01月09日 

日本電気(NEC)とSAP AG(SAP)は1月9日、クラウド型ERPサービス「SAP Business ByDesign」のビジネスでグローバルな協業契約を締結したと発表した。

SAP Business ByDesignは、中規模拠点向けのクラウドサービスで、会計、人事管理、営業、マーケティング、調達・購買、顧客管理、サプライチェーンマネジメントなど多岐にわたる分野を網羅。

短期間で導入可能で、ERPパッケージ「SAP ERP」との密連携をはじめ各社ERPシステムとの連携が可能で、2007年の提供開始以来、日本を含む世界17か国に出荷され約1100社の導入実績を有している。

協業契約に基づき、「SAP Business ByDesign」未出荷のシンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナムの東南アジア6か国を対象に、NECが各国の法制度や商習慣に対応した追加機能を優先的に開発し、「SAP Business ByDesign」と組み合わせたクラウドサービスとして先行提供する。

名称は「NEC Global Localization Package for SAP Business ByDesign」で、2014年5月のサービス開始を予定している。

あわせて、NECは、「SAP Business ByDesign」出荷済の17か国についても、追加機能の開発と「SAP Business ByDesign」を組み合わせたサービスの提供を予定している。

最新ニュース

物流用語集