ハマキョウレックス/4~12月の売上高2.0%増、営業利益7.7%減

2014年01月30日 

ハマキョウレックスが1月30日に発表した2014年3月期第3四半期の業績は、売上高693億7200万円(前年同期比2.0%増)、営業利益47億2000万円(7.7%減)、経常利益48億7800万円(6.3%減)、当期利益24億2500万円(9.0%減)となった。

物流センター事業は、売上高333億2000万円(1.4%増)、営業利益は、32億9000万円(11.7%減)となった。

前年度までに受託したセンターが順次業績に寄与したものの、既存物流センターの物量減少等により前年に比べ減少した。

貨物自動車運送事業は、売上高360億5100万円(2.6%増)、営業利益14億2700万円(3.4%増)となった。

景況感の回復と新規顧客の獲得が進んだことから、近物レックスの物量が増加したため。

通期は、910億円(2.3%増)、営業利益69億円(18.2%増)、経常利益69億円(15.8%増)、当期利益35億円(12.9%増)見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集