楽天/楽天物流を吸収合併

2014年04月19日 
関連キーワード:

楽天は4月19日、7月1日付で子会社の楽天物流を吸収合併すると発表した。

今回の組織再編により、楽天スーパーロジを含む楽天物流の物流サービス関連資産を吸収することで、楽天市場などの各サービスと一体化した効率的な物流サービスの運営・提供が可能となる。

なお、楽天物流の人員・体制は、そのまま楽天の物流事業として引き継ぎ、取引先、ユーザーの多様な物流サービスのニーズに応える体制構築を目指す。

楽天物流は、楽天ブックス、ケンコーコム、楽天24といったグループサービスのEC物流を担っていた。

さらに、楽天市場に出店する店舗に対し、商品の入出荷、保管・在庫管理、梱包、配送、カスタマーサービス、ギフト対応や返品対応を含む各種VAS(バリューアデッドサービス)による総合フルフィルメント&ロジスティクス・サービスである楽天スーパーロジを提供していた。

楽天は楽天物流に対して保有する債権を放棄し、債務超過の状態を解消する。なお、楽天物流は解散する。

楽天物流の2013年12月期の業績は、売上高は64億1900万円、営業損失38億6800万円、経常損失39億4900万円、当期純損失65億9800万円だった。

■楽天物流の概要
本店所在地:東京都品川区東品川4-12-3
代表者:代表取締役社長恵谷洋
事業内容:インターネット・ショッピングモールの店舗等への物流代行サービス
資本金:22億5000万円
設立年月日:2010年3月19日
発行済株式:45,000株
決算期:12月31日
株主:楽天100%

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集