日本郵船/LNG船共同保有会社に中部電力が出資決定

2014年05月16日 

日本郵船と三菱商事の共同保有会社Trans Pacific Shipping 1 Ltd.(TPSI)は5月16日、新たに中部電力による出資が決定し、TPS1は3社による共同保有になると発表した。

<LNG船の完成予想CG>
20140516nyk

中部電力との間ではすでに新造液化天然ガス(LNG)船1隻の定期用船契約が締結している。

3社によるLNG船の保有を通じて、中部電力の船舶事業拡大に寄与することで関係を一層強化するとともに、それぞれの持つLNGバリューチェーンの知識と経験を活かして中部電力向けLNGのさらなる長期安定輸送に貢献することになる。

なお、LNG船は日本郵船の船舶管理の下、2017年(予定)から約15年間、主に豪州のプロジェクトからのLNG輸送に投入される予定。

■LNG船保有会社概要
社名:Trans Pacific Shipping 1 Ltd.
事業目的:LNG船の保有ならびに輸送事業
共同保有比率:中部電力40%、三菱商事40%、日本郵船20%
保有隻数:1隻(約15万3000立方メートル、三菱重工業長崎造船所で建造)

最新ニュース

物流用語集